このページの本文へ

見逃してません?大事です機材の「ファームウェア」アップデート。

公開日:2019年11月13日

カメラやレンズの「ファームウェア」のアップデート、きちんとできていますか? アップデートしておくと、お使いの機材をつねに快適にお使いいただけます。この記事では「カメラ買ってから一度もやったことがないな……」という方のため、キホンから「ファームアップ」を解説します!

「ファームウェア」って、そもそも何なの?

「ファームウェア」とは、カメラやレンズを動かすソフトウェアのこと。パソコンやスマホのOS(基本ソフト)のようなものです。

ファームウェアのアップデートを行うと、使い勝手や信頼性の向上が期待できますし、大型アップデートでは無償で新機能が追加されることもあるんです。

EOS R

EOS Rの「AF機能」が大幅アップ!

EOS Rでは〈ファームウェア バージョン1.4.0〉によって、AF機能が大幅にアップグレードされました。気になる方はこちらのEOS R特長をご覧ください!

ファームウェアを更新してみよう!

その1 ファームウェアの更新があるか確認しよう

お使いの製品のファームウェア更新は デジタル一眼レフカメラ/ミラーレスカメラ/交換レンズ:機種を選ぶから確認できます。お使いの製品名をクリックしてみてください。変更内容 ファームウェア変更手順書 を確認できますよ。

  • 製品名の表記がない場合はファームウェアの更新はありません。

その2 ファームウェアのバージョンを確認しよう

お使いの機材のファームウェアのバージョンを確認しましょう。カメラ本体のメニューボタンを押し、機能設定タブを開きます。左の図のように「ファームウェア Ver. ***」と示されているのが現在のバージョンです。

この「ファームウェア Ver.***」を選択すると、カメラ本体だけでなく、カメラに取り付けられているレンズ、アクセサリーのファームウェアのバージョンも確認することができます。

  • レンズ、アクセサリーのバージョンを表示するには対応したカメラが必要です。対応するカメラは各製品のファームウェア変更手順書をご確認ください。

その3 ファームウェアを更新しよう

1.キヤノンのWebサイトからファームウェアをダウンロード

1.キヤノンのWebサイトからファームをウェアをダウンロード

2.初期化したカードにファームウェア変更ファイルを保存

2.初期化したカードにファームウェア変更ファイルを保存

3.カードを入れ、電源をON

3.カードを入れ、電源をON

4.その2のファームメニュー画面からアップデート

4.その2のファームメニュー画面からアップデート

ファームウェアの更新は、SDカードやCFカードを経由して行います。キヤノンのWebサイトからダウンロードしたファームウェア(ファイル)をカードに保存し、カメラに挿入してください。そしてメニューボタンから「ファームウェア」のメニューに進み、アップデートを行ってください。

「でも自分には難しそうだな…」と思った方はこちら!

キヤノンのカメラ機材メンテナンスサービス「あんしんメンテ」では、大切な機材の点検・清掃に加えて、ファームウェアのアップデートも行っています。「自分でアップデートを行うのは不安」「パソコンを持っていない」場合には、他の点検も併せて「あんしんメンテ」をご利用ください。

5535735867EF4666A050B4F0C210BC42
見逃してません?大事です機材の「ファームウェア」アップデート。
https://personal.canon.jp/articles/tips/howto/camera8
2
https://personal.canon.jp/-/media/Project/Canon/CanonJP/Personal/articles/tips/howto/camera8/image/mente08.jpg?la=ja-JP&hash=869077EAEC3B75D7456937F1BC2F57A6
2019-11-13