このページの本文へ

EOS VR Utility

EOS VR SYSTEMを使用して撮影した静止画・動画を180°VR画像へ変換するためのアプリケーションです。

  • 最新のファームウエアにアップデートが必要
  • EOS VR Utilityは静止画および2分以内の180° VR動画作成は無償でご利用いただけますが、2分を超える180° VR動画の作成については有償となります。
    有償版をご希望の場合には、Canon Imaging App Service Plansからお申し込みください。(Canon ID登録が必要となります)

対応機種

EOS R5 C/EOS R5/EOS R6 Mark II+RF5.2mm F2.8 L DUAL FISHEYE
EOS R7+RF-S3.9mm F3.5 STM DUAL FISHEYE

  • 最新のファームウエアにアップデートが必要

EOS VR Utilityの特長

EOS VR SYSTEMを使用して撮影した静止画・動画について、以下のことを行うことができます。

  • 最新のファームウエアにアップデートが必要

【静止画・動画確認】

  • レンズの構造上左右逆に記録されている魚眼画像の左右入れ替え・正距円筒変換をしながらの静止画・動画表示。
  • カメラメタデータからレンズ補正(水平補正・視差調整)を適応させ表示。

【VR活用画像変換】

  • VR活用画像への変換処理(左右入れ替え・正距円筒変換)をしてファイルをエクスポート(Oculus Quest2などのHMDで再生可能な180°VR MP4への変換/180°VR NLE編集用に高画質DPX、H264 420 8bit MP4などに変換)
  • カメラメタデータからレンズ補正(水平補正・視差調整)を変換画像に自動付与。
  • 静止画・および2分以内の180°VR動画は無償で活用画像に変換可能。
  • VR画像への電子防振付与が可能。画像情報のみで防振パラメータを算出し、防振結果のプレビュー・エクスポートに対応。
    対象GPU搭載のデバイスで「手ブレ補正」機能をONにして処理が終了するまでの想定時間(参考値)
Windows:Galleria, Core i-7-13700F, RAM 64GB, GeForce RTX 3060
入力形式 ①防振パラメータ生成時間 書き出し時間(従来処理時間) 合計時間
8K 30p HEVC MP4 40秒 5分24秒(実時間の約8.1倍) 2分37秒(実時間の約3.9倍) 8分1秒(実時間の約12.0倍)
8K 30p CRM 38秒 5分10秒(実時間の約8.2倍) 2分41秒(実時間の約4.2倍) 7分51秒(実時間の約12.4倍)
Mac:MacStudio, Apple M1 Ultra, RAM 64GB、出力形式:H.264 4:2:0 MP4 8bit
入力形式 ①防振パラメータ生成時間 書き出し時間(従来処理時間) 合計時間
8K 30p HEVC MP4 40秒 3分7秒(実時間の約4.7倍) 4分14秒(実時間の約6.4倍) 7分21秒(実時間の約11.0倍)
8K 30p CRM 38秒 3分6秒(実時間の約4.9倍) 3分56秒(実時間の約6.2倍) 7分2秒(実時間の約11.1倍)
  • ユーザーのVR形式に応じて従来の180°VR形式に加えて360°VR形式(180 in 360)にも対応。
    “Side by Side”方式以外にも“Top Bottom”方式の360°VRベースNLEでのVR編集も簡単に扱うことが可能。
  • RAW動画用のシャープネスの詳細設定(強さ/細かさ/しきい値)対応。
左上:動画リスト 右上:水平補正・視差調整 左下:動画情報 中央下:動画再生・カット編集/ルックアップテーブル対応
  • EOS VR Utilityは静止画および2分以内の180° VR動画作成は無償でご利用いただけますが、2分を超える180° VR動画の作成については有償となります。
    有償版をご希望の場合には、 Canon Imaging App Service Plansからお申し込みください。(Canon ID登録が必要となります)

EOS VR Utility Ver.1.4アップデートによる機能拡張

  • RF-S3.9mm F3.5 STM DUAL FISHEYEで撮影された映像は、視野角144°分の映像情報を持つ180°VR映像としてエクスポートされます。
  • 「手ブレ補正」使用時に、レンズマスク機能を付加できるようになりました。また、手ブレ補正機能に検出モードや補正強度などのオプションも追加されました。

対応OS・対応言語

<EOS VR Utility 動作環境 対象OS>
Windows Mac
OS Windows 11/10 64-bit(デスクトップモードのみ) macOS 14/13/12
パソコン 上記OSがプリインストールされているパソコン
(アップグレード機は動作保証外)
上記OSに対応した
Intelプロセッサ搭載のmac
上記OSに対応した
Apple Silicon mac
CPU (動作)Intel 第8世代以降のCPU
(奨励)Intel Core i7 12700 2.10GHz 12core
(動作)上記Macが搭載するCPU
(奨励)Intel Xeon W 2.5GHz 14core以上
(動作)Apple Silicon CPU
(奨励)Apple M1 Ultra 20core(8K)
(奨励)Apple M2 Pro 10core(4K)
RAM (動作)8GB以上
(奨励)32GB以上(8K)/16GB(4K)
(動作)8GB
(奨励)64GB(8K)/16GB(4K)
GPU NVidia GPU
(奨励)NVIDIA GeForce RTX 4080(8K)
(奨励)NVIDIA GeForce RTX 3050(4K)
Metal 対応GPU
(奨励)Radeon Pro Vega 64
内蔵GPU
(奨励)内蔵GPU 64 core(8K)
(奨励)内蔵GPU 16 core(4K)
対応言語 日本語、英語、仏語、西語、独語、伊語、中国語(簡体字)、ロシア語、韓国語、トルコ語 10言語
  • Windowsは、NVDEC 対応の NVIDIA 社製 GPU 使用を推奨
  • 4GB以上のVRAM搭載GPUを推奨(CRMを扱う場合は8GBのVRAMを推奨)
  • AVX2対応CPUを推奨(Windows)、SSE4.1対応CPUを推奨(Mac)
<EOS VR Utility 奨励環境> EOS R5 C/EOS R5 4K MP4クリップを30fpsで再生可能な構成
Windows Mac
OS Windows 11/10 64-bit(デスクトップモードのみ) macOS 13/12/11/10.15
CPU Intel Xeon CPU E5-2687W v3 3.1GHz x 2基以上 Intel Xeon W 2.5GHz 14core以上
GPU NVIDIA GeForce RTX 3080 Radeon Pro Vega 64
RAM 32GB以上 32GB以上
  • Windowsは、NVDEC対応のNVIDIA社製 GPU 使用を推奨。ドライバーバージョン512.59以降が必要です。推奨環境を満たしていても、スムーズに再生できない可能性があります。
    Macは、対応GPUが搭載されていないパソコンの場合、処理性能が低下する可能性があります。
  • 4GB以上のVRAM搭載GPUを推奨
  • AVX2対応CPUを推奨(Windows)、SSE4.1対応CPUを推奨(Mac)