このページの本文へ

EOSカメラとの組み合わせ使用時の機能一覧

Speedlite EL-1

  
機種名 装着時、
マルチアクセサリーシューアダプターAD-E1が必要
カメラのストロボメニュー 内蔵ストロボのワイヤレス機能 連写時の調光制御:1コマ目で固定 露出制御方式 配光特性、
調光補正、
FEロック、
後幕シンクロ、
ハイスピードシンクロ、
クイック発光
モデリング発光※2 色温度
情報通信
AF補助光 カラーフィルター使用時のWB設定 バウンスアダプター使用時のWB設定 電波通信ワイヤレス※3 光通信ワイヤレス
E-TTL II E-TTL マニュアル発光 マルチ発光 外部調光オート 外部調光マニュアル 連写優先モード(CSP) 赤外光 間欠発光 AWB ストロボ MWB AWB ストロボ MWB センダー レシーバー 連動撮影※5 後幕シンクロ センダー レシーバー
EOS R3 ※11 S/R
EOS R5/R6 ※11※12 S/R ※12
EOS R,RP,Ra S/R
EOS R7 ※11 S/R
EOS R10 ※11 S/R
EOS-1D X Mark III ※11※12 S/R ※12
EOS-1D X Mark II
EOS-1D X,1D C
EOS 5D Mark IV
EOS 5D Mark III
EOS 5Ds,5Ds R
EOS 6D Mark II
EOS 6D
S/R
EOS-1D Mark IV
EOS-1D Mark III,EOS-1Ds Mark III
EOS 5D Mark II
EOS 50D
EOS 40D
※1 ※3 S
EOS-1D Mark II N
EOS-1D Mark II,EOS-1Ds Mark II
※3 S
EOS-1D,1Ds ※3※4 S
EOS 5D ※3 S
EOS 7D Mark II
EOS 80D
EOS 70D
S/R
EOS 7D
EOS 60D,60Da
※1 ※3 S
EOS 90D S/R
EOS 30D
EOS 20D,20Da
EOS Kiss D X/D REBEL XTi/400D
EOS Kiss D N/D REBEL XT/350D
※3 S
EOS 10D
EOS Kiss D/DIGITAL REBEL/300D
EOS D60
EOS D30
※3 S
EOS 9000D/77D
EOS 8000D/REBEL T6s/760D/
EOS Kiss X9i/REBEL T7i/800D
EOS Kiss X8i/REBEL T6i/750D
EOS Kiss X7i/REBEL T5i/700D
EOS Kiss X6i/REBEL T4i/650D
S/R※6
EOS Kiss X10i/REBEL T8i/850D S/R※6
EOS Kiss X10/REBEL SL3/250D/
200D II
※7 ※7
EOS Kiss X9/REBEL SL2/200D S/R※6
EOS Kiss X7/REBEL SL1/100D S/R
EOS Kiss X5/D REBEL T3i/600D ※1 ※3 S※6
EOS Kiss X4/D REBEL T2i/550D
EOS Kiss X3/D REBEL T1i/500D
EOS Kiss X2/D REBEL XSi/450D
EOS Kiss F/D REBEL XS/1000D
※1 ※3 S※6
EOS Kiss X90/REBEL T7/2000D/
1500D※8
※1 ※9 ※3※9 S ※9
EOS Kiss X90/REBEL T7/2000D/1500D
EOS REBEL T100/4000D/3000D
※1 ※3※7 ※7
EOS Kiss X80/REBEL T6/1300D ※1 ※3 S
EOS Kiss X70/REBEL T5/1200D/Hi EOS Kiss X50/REBEL T3/1100D ※1 ※3 S
EOS Kiss M2/M50 Mark II ※11 S/R
EOS Kiss M/M50,M6,M5 S/R
EOS M6 Mark II S/R
EOS M3 S/R
EOS M2,M S/R
  • ※1
    カメラのストロボメニューによる電波通信ワイヤレスの設定はできない
  • ※2
    絞り込みボタンのないカメラは、ストロボのテスト発光ボタン押しで可能(カスタム機能による)
  • ※3
    ストロボ同調最高シャッター速度が1段遅くなる
    「ハイスピードシンクロ」「グループ発光」「レシーバーからのモデリング発光」「レシーバーからのリモートレリーズ」はできない
    連動撮影時にレシーバーカメラとして使用できない
  • ※4
    EOS-1DとEOS-1Dsは、E-TTL自動調光による電波通信ワイヤレス撮影不可
  • ※5
    「S/R」は、センダーカメラ、レシーバーカメラのどちらでも使用可能
    「S」は、センダーカメラとしてのみ使用可能
  • ※6
    「P.Fn-07-0 連動撮影時の発光:しない」の設定でセンダーカメラのときは、ライブビュー撮影での連動撮影はできない
  • ※7
    「マルチ発光」はできない
  • ※8
    アクセサリーシューにX接点が搭載されているモデル
  • ※9
    外部ストロボ側で発光モードを[MULTI]に設定することで外部ストロボよりマルチ発光が可能
    ただし、カメラ側で[外部ストロボ]メニューに入ると、外部ストロボ側で設定している[MULTI]モードがリセットされる
  • ※10
    シャッターボタンのダブルクリックによる点灯動作には非対応だが、ストロボの<LAMP>ボタンによる点灯は可能
  • ※11
    マニュアル発光は1/8192まで設定可能
  • ※12
    EL-1対応のファームアップが必要