このページの本文へ

第57回キヤノンフォトコンテスト

募集要項

応募受付期間
2023年8月31日(木)をもちまして応募受付を終了しました。
応募資格
日本国内に在住のアマチュアの方に限ります。
応募規定
35mmサイズ以下の撮像素子のデジタルカメラ、または35mmサイズ以下のフィルムカメラで撮影された未発表のオリジナル作品に限ります。未発表の作品であれば、撮影時期は問いません。
部門
自由部門(スナップ・ドキュメンタリー※1・イメージクリエイト作品※2など)
自然部門(自然風景・花・生きものなど)
動体部門(鉄道・飛行機・船・スポーツ・モータースポーツなど)
人物部門(ポートレートなど)
アンダー30部門(応募資格:1992年5月8日以降生まれの方)
WEB部門(テーマや被写体は自由)
審査員(敬称略)
鍵井靖章、澤田知子、渋谷敦志、広川泰士、水谷章人、大和田良(WEB部門)
  • ※1
    実際にあった出来事の記録を中心として、被写体に作為的な演出を加えず撮影された作品。
  • ※2
    デジタル、フィルムを問わず、作品表現上、重要な要素になるような加筆や削除などの二次的な画像加工処理を施した作品。

お問い合わせ先

キヤノンフォトコンテスト事務局
TEL.043-211-9155
受付時間:平日10時~17時(土曜・日曜・祝日、年末年始は休業)

  • 事務局開設期間は、2023年5月8日(月)~2024年1月31日(水)までとなります。

よくある質問

Q
過去に撮影した作品でも応募できますか?
A

キヤノンフォトコンテストの応募期間は2023年5月8日~8月31日ですが、未発表のオリジナル作品であれば、応募期間以前に撮影された作品でも応募できます。

Q
過去に受賞した作品の類似作品は応募できますか?
A

過去に受賞した作品、または同時期に他のフォトコンに応募中の作品の類似作品は応募できません。

Q
類似作品とはどのようなものを指しますか?
A

同一の作者が、同一の対象を同じような条件で連続して撮影した作品などを指します。

Q
プリントで応募したいのですが、どの部門に応募したらよいかわかりません。
A

その作品においてメインで表現したい内容・テーマに合わせて部門をお選びください。

Q
部門ごとに専任の審査員が審査するのでしょうか?
A

プリント部門は審査員5名(「(WEB部門)となっている審査員以外」)全員が、全ての部門を横断して審査いたします。入賞作品は、全審査員の協議の上、決定いたします。WEB部門のみ、専任の審査員が審査いたします。

Q
審査の結果はいつごろ分かりますか?
A

入賞者には10月中旬までに内定の通知を致します。入賞作品は本コンテストホームページ(11月下旬公開予定)、月刊写真誌「キヤノンフォトサークル」にて掲載、発表させていただきます。本誌は入賞者へお送り致します。またキヤノンギャラリーにて入賞作品展を行う予定です。

Q
Facebook、Twitter、Instagramに発表した写真は応募できますか?
A

SNSなどで過去に発表された作品は削除済みであってもご応募の対象とすることはできません。

Q
WEB部門と他部門(プリント作品)の応募はできますか?
A

ご応募いただけます。ただし同じ作品をWEB部門と他の部門に重複して応募することはできません。また、自由、自然、動体、人物、アンダー30部門はプリント作品のみ受け付けております。

Q
アンダー30は写真ジャンルの指定はあるのでしょうか?
A

ジャンルの指定はありません。どのジャンルの写真でもご応募いただけます。

Q
30歳以下(アンダー30対象)でも他の部門に応募できますか?
A

ご応募いただけます。ただし同じ作品をアンダー30部門と他の部門に重複してご応募することはできません。

Q
応募作品数に制限はあるのですか?
A

1部門10作品までとなります(組写真は5枚以内を1組とし、応募作品数は1作品と数えます)。また、複数の部門への同時応募が可能です。ただし同じ作品を複数の部門に重複してご応募することはできません。