このページの本文へ

キヤノンフォトコンテスト

キヤノンフォトコンテストのポイント

(例)自分の撮影テーマに合わせて応募できる3つのクラス!

スタンダードクラス(通年)

テーマや被写体は自由。日常をとらえたスナップから画像処理や合成した作品まで幅広く募集しています。また、単写真のみならず、組 写真でも応募が可能。作者の皆さんの柔軟な発想を生かした作品をお待ちしております。

ネイチャークラス(通年)

自然風景や花などをテーマとした「ネイチャークラス」。単写真のみならず、組写真でも応募が可能です。作者の皆さんの独自のまなざしでとらえた作品をお待ちしております。

テーマ別クラス

「テーマ別クラス」は、スタンダードクラス・ネイチャークラスとは違い、3号ずつテーマと選者が変わります。テーマによって募集期間が変わりますので、しっかりと確認してご応募ください。応募方法はWEBからで、単写真のみを受け付けいたします。これまでチャレンジしたことがない被写体にも、この機会にぜひチャレンジしてください。

(例)個性溢れる新選者!

スタンダードクラス

小澤太一
1975年、愛知県生まれ。幅広い人物撮影をメインに活動している。ライフワークは「世界中の子どもたちの撮影」であり、写真展も多数開催している。

ネイチャークラス

秦 達夫
1970年、長野県生まれ。家業を継ぐために写真を始め自分の可能性を感じ写真家を志す。写真家、竹内敏信氏の助手を経て独立。執筆、講師など多岐に活動中。

テーマ別クラス

乗り物
都築雅人
1957年、千葉県生まれ。新聞社系経済誌、小説誌の撮影に携わる一方、国内外の鉄道橋、蒸気機関車を撮影し写真展『煙情日記』を多数開催している。
ポートレート
土屋勝義
1963年、東京都生まれ。写真家、篠山紀信氏に師事した後、独立。雑誌や広告などで、数多くのタレント、アーティストのポートレート撮影を手がけている。

応募方法

(例)どなたでも参加いただけます。

結果発表

(例)月刊キヤノンフォトサークルにて発表します。

関連特集

(※フォトコンテストに関する特集など、表示したい特集があれば記事のURLを提出ください。任意の記事を1件ずつ設定しパネル表示できます(最大4件)。どの読み物でも良ければ、「最新の特集」として個人サイトの特集の内最新4件を表示することも可能です。)